読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画レビューブログ

おすすめ映画のレビューブログです

下妻物語

私が大好きな映画の一つに、「下妻物語」という映画があります。
10年前の2004年に公開された映画で、若き日の深田恭子さん、この作品が演技デビュー作品となる土屋アンナさん、お二人が主演を演じられています。
作中の舞台は現代日本の茨城県下妻市です。
桃子という高校生の少女が主人公で、彼女の名は桃子。
田んぼに囲まれた暮らしをしているのですが、憧れはフランスのロココ時代。
お姫様ファッションを模した、ロリィタファッションが命の女の子です。
フリフリの日傘に、レースやリボンでいっぱいのロリィタ服、深田恭子さんの容姿に似合っていてとても可愛らしく見所のひとつです。
桃子は、徹底した自分の主義があり他人に冷たいところもありますが、自分の信念をハッキリ持っている女の子です。
また、もう一人の主人公であるイチゴ。
彼女はバリバリのヤンキーで、レディースに所属して改造した原付をパラリラパラリラ…と乗り回している女の子です。
イチゴもまた、見た目や性格は桃子と全く違えど、自分の信念をしっかり持ち続けている女の子でした。
ちょっとおバカなところもあり、そこもまた面白く見所となっています。
監督に見初められ抜擢された、土屋アンナさんが演じています。
金髪ヤンキー姿が似合いすぎて、土屋アンナさんそのままのイメージのような役です。
ストーリーは、全然違う二人なのだけれど、一人きりでも信念や主義主張、大切なものを自分の中に二人はしっかり持っており、二人の出会いから生まれる友情物語が描かれていきます。
最初はお互い、なんなんだこいつと言った感じの二人なのですが、何故か馬が合うのかだんだんと行動を共にするようになっていきます。
イチゴが失恋をした時に、「泣いていいよ」と言う桃子はカッコイイです。
それに対して泣くイチゴのシーンがとても印象的でした。
桃子は「近づかないでください」と、序盤でイチゴに言うのですが、イチゴが恋をした時にからかう桃子は無邪気で本当に可愛いです。
ラストの、桃子がイチゴを助けに行くシーンはかっこよかったです。
私は、この映画を見て、自分の信念を大事にして生きることはかっこいいことだと思いました。
他の出演者の面々も2014年の今見るととても豪華な方ばかりなので、是非一度ご覧になってみてください。

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]